ジャスティン・ビーバーの妻ヘイリーが、22日に24歳の誕生日を迎えた。既婚者となったヘイリーが、夫ジャスティンに誕生日を祝福してもらうのはこれで3回目だが、ジャスティンは今年もヘイリーに向けてスウィートなメッセージをInstagramに綴っている。

2018年9月にニューヨークにて電撃入籍を果たしたジャスティン&ヘイリー・ビーバー夫妻。そのおよそ1年後には、サウスカロライナ州の高級リゾート「モンタージュ・パルメット・ブラフ」にて豪華なウェディングセレモニーを行った2人、仏老舗メゾン「ルイ・ヴィトン」のデザイナー、ヴァージル・アブロー氏(Virgil Abloh)の手がけたウェディングドレスを着たヘイリーが「まるでディズニープリンセス」と称賛を浴びたのは記憶に新しい。

そんなヘイリーが今月22日、“ミセス・ビーバー”となって3回目の誕生日を迎えた。ジャスティンは当日、自身のInstagramを更新して24歳になった愛妻に向け次のようにメッセージを綴った。

「僕の瞳は君を見つめるためにあるんだ。僕のハートは君に捧げるよ。この魂も君のものさ。そして僕の愛も君のために。」
「君がいてくれさえすれば、僕にとってはそこが“ホーム”。君は僕の“安息の地”なんだ。」
「僕は君という人に、本当にすっかり夢中だよ。最大の夢は、君と一緒に年を重ねていくこと。」
「君が一生僕のものだなんて信じられないよ。ハッピーバースデー、ベイビー。」