オス同士のペンギンカップルが“里親”として卵の孵化に成功 2度目の父親に(豪)

オス同士のペンギンカップルが“里親”として卵の孵化に成功 2度目の父親に(豪)
オスの同性ペンギンカップルによって孵化に成功したヒナ(画像は『UNILAD 2020年11月24日付「Same-Sex Penguin Couple Become Dads For Second Time」(Sea Life Sydney Aquarium/Facebook)』のスクリーンショット)
       
このほどオーストラリアの水族館にて、ジェンツーペンギンのオス同士のカップルが他の個体の卵を孵し、新たなヒナの父親になった。このカップルは2018年にもヒナを孵化させており、今回が2羽目の子供となる。『Metro』『UNILAD』が伝えた。

シドニーの「シー・ライフ・シドニー水族館」にて飼育されているオス同士のペンギンカップル“スフェン(Sphen)”と“マジック(Magic)”が、彼らにとって2個目となる卵の孵化に成功した。

このペンギンカップルが最初に卵を孵化させたのは2018年のこと。繁殖期を迎える時期に、スフェンとマジックが子育て用の巣作りを始めたことに飼育員が気付いた。

それは2羽の子育てがしたいという意思表示だったのかもしれないが、オス同士の2羽が子供をもうけることは生物学的に不可能である。そこで飼育員が試しにダミーの卵を与えてみると、2羽は他のペンギンカップルと同じように交代で卵を温め続けたという。その姿を見て「スフェンとマジックは子育て可能だ」と判断した同水族館は、親に見捨てられていた本物の卵をこの2羽に与えることにした。

こうして2018年10月、本物の卵を守り抜いた2羽のもとにヒナの“ララ(Lara)”が誕生し、スフェンとマジックは晴れて1羽のペンギンの父親となった。

「シー・ライフ・シドニー水族館」の広報担当者によると、たくさんの卵を産んだ親がすべての卵の面倒を見切れず、育児放棄に至ってしまうことはまれに起こるそうだ。
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。