マライア・キャリー、幼少期の最悪なクリスマスを語る「本物の家族がほしかった」

マライア・キャリー、幼少期の最悪なクリスマスを語る「本物の家族がほしかった」
“クリスマスの女王”マライア・キャリー
       
12月を間近に控え、そろそろ街にクリスマスソングが流れ始める季節になった。マライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス』は日本でもこの時期の定番ソングとなって久しいが、ホリデームードを盛り上げる軽快なメロディーの裏にはマライアの悲しいクリスマスの思い出があったようだ。

かねてから「大のクリスマス好き」を公言してきた歌手のマライア・キャリー。今年はハロウィンが終わった翌日に早速自身のInstagramを更新し、「あの季節が来るわよ~!」とクリスマスシーズンの到来に胸を弾ませる自身の姿を公開していた。

今月24日に長年の友人ナオミ・キャンベルのYouTubeチャンネル『No Filter with Naomi』に出演した際には、クリスマスが好きすぎる自分を笑う世間の反応も「気にならない」「だって本当にクリスマスが大好きなんだもの」と開き直るほど。しかしマライアのそんなクリスマスへの並々ならぬこだわりは「家族と過ごす幸せなホリデー」を知らずに過ごしたことによる反動だそうで、自身のすさんだ家庭環境について次のように語っている。

「私は、素敵なクリスマスに憧れる悲しい子供だった。」
「自分を大事にしてくれる本物の家族がほしかったの。クリスマスを台無しにするんじゃなくて、特別なものとして気にかけてほしかった。でも私の家族は毎年クリスマスをメチャクチャにしてくれたわ。」

過去のインタビューでも「家庭が崩壊していたから、憧れていたパーフェクトなクリスマスは叶わなかった」「家庭は決して裕福ではなかったし、他の子供達みたいなクリスマスは過ごせなかった」と悲しい告白をしたことのあるマライアだが、この日も

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。