ブルーノ・マーズ、グラミー賞に物申したアーティスト達へ自虐ジョーク「曲をリリースしなけりゃ落選もない」

ブルーノ・マーズ、グラミー賞に物申したアーティスト達へ自虐ジョーク「曲をリリースしなけりゃ落選もない」
自虐的な投稿で注目を集めたブルーノ・マーズ(画像は『Bruno Mars 2020年11月25日付Instagram「If you don’t release music, you can't lose any Grammys.」』のスクリーンショット)
       
多数のアーティストの間で不満が飛び交い、物議を醸している第63回グラミー賞。来年1月31日に開催する同授賞式のノミネートが現地時間24日に発表されたが、ザ・ウィークエンド(30)ジャスティン・ビーバー(26)ら複数のアーティスト達がグラミーの選定方式に不服を申し立てたことで、例年よりも更なる話題を集めている。その中で今までに11回受賞歴のあるブルーノ・マーズ(35)が、落選してしまったアーティスト達に対して自虐的に物申したことで笑いを集めた。

ハワイ出身の人気歌手ブルーノ・マーズは『Just The Way You Are』『24K Magic』など数々のヒット曲を送り出し、グラミー賞では27回ノミネート、受賞は11回を記録している。しかし今年になってからブルーノの新曲発表は一切なく、ファンも「いつ新曲をリリースするの?」と待ちきれない様子を見せてきた。そのような中で第63回グラミー賞のノミネートが発表されたが、新曲をリリースしていないブルーノの名前はどこにも見当たらなかったことは言うまでもない。一方で、今回落選してしまったアーティスト達の間ではノミネートの選定に批判するものが続出し、大きな波紋を呼んだ。

全ノミネーションが発表された翌25日、2019年にカーディ・Bとのコラボ曲『Please Me』をリリースして以来一切新曲を発表していないブルーノは、自身のセルフィーを添えてInstagramにこのように記したのだ。

当時の記事を読む

ジャスティン・ビーバーのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジャスティン・ビーバー」に関する記事

「ジャスティン・ビーバー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャスティン・ビーバー」の記事

次に読みたい「ジャスティン・ビーバー」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月28日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. ジャスティン・ビーバー Instagram
  2. ジャスティン・ビーバー セリーナ・ゴメス
  3. ジャスティン・ビーバー ピコ太郎

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。