女優リース・ウィザースプーン(44)が、自身のInstagramで長女エイヴァさん(21)とのツーショットを披露した。エイヴァさんはかねてから「母親を凌ぐほどの美人」「母親と激似」と評判だ。色違いのクリスマスセーターを着た親子の姿は見分けがつかないほどそっくりで、フォロワーも「まるで双子の姉妹のよう」「どっちがリース?」と驚きのコメントを寄せている。

リース・ウィザースプーンが現地時間7日、自身のInstagramに長女エイヴァさんとの仲睦まじいツーショットを公開した。日頃からエクササイズを行ったりスパに通うなどして若さをキープしているリースと、21歳になって大人びてきた娘のエヴァさん。そんな親子の姿にフォロワー達も「ますます似てきた」と驚いたもよう。

リースが投稿したのは、白いセーターを着たエイヴァさんと赤いセーターを着たリースがストレートのブロンドヘアに赤いリップスティックをつけ、白いマグカップを持って微笑んでいる写真だ。投稿には「娘にお揃いのホリデーセーターを着てくれるようにと頼み込んだのは、本当よ。キュートよね?」と記されている。


2人が着ているセーターはリースが手掛けるファッションブランド「ドレーパー・ジェームズ(Draper James)」のもので、カリフォルニア州ブレントウッドにあるリースと夫ジム・トス氏が所有する邸宅の玄関前で撮影されたという。ドアの周囲はガーランドやクリスマスリース、ポインセチアの花などクリスマスの飾り付けが見られる。