極貧、離婚、死…“宝くじの呪い”に見舞われた高額当選者達の末路(英)

日本では今年も「年末ジャンボ宝くじ」が発売され、1等とその前後賞を合わせると10億円もの高額賞金になっている。しかし宝くじで大金を手にした人の中には、まるで“宝くじの呪い”にかかったように転落の人生を辿る人もいるようだ。今回はイギリスから宝くじで人生を狂わされてしまった5名をご紹介したい。

■2002年、970万ポンド(約13億5800万円)に当選したマイケル・キャロルさん(Michael Carroll)

当時19歳だったマイケルさんは、ノーフォークでゴミ収集作業員として働いていた。ところがわずか1ポンド(約140円)の宝くじの購入で大金を手にしたことから、人生が一変してしまった。マイケルさんは当選後、仕事を辞めて6LDKの家を購入し、パーティー三昧の生活をしていたようだ。またスポーツカーを購入し、自宅敷地内にはレース用トラックまで建設した。そして数年間は好みの女性や友人らにお金をばら撒くように使い込み、飲酒や薬物に大金をつぎ込むようになった。そのためマイケルさんは幾度も法廷に呼ばれることとなった。

やがてそんな生活に終止符が打たれることとなる。2012年にマイケルさんは財産のほとんどを失い、家や車を手放すこととなり行きつけのパブからは締め出されてしまう状況にまで追い込まれた。

マイケルさんは新たな人生をスタートさせるためスコットランドに引っ越し、月額500ポンド(約7万円)のアパートを借りて住み、食肉処理場での仕事に就いた。現在は石炭を扱う仕事をして、毎日顔が真っ黒になりながらも慎ましく過ごしているという。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。