「神の奇跡」十字架のペンダントで命拾いした9歳少年 胸の銃弾食い止める(アルゼンチン)

「神の奇跡」十字架のペンダントで命拾いした9歳少年 胸の銃弾食い止める(アルゼンチン)
身につけていたペンダントで命拾いした少年(画像は『The Sun 2021年1月6日付「HAND OF GOD Boy, 9, saved by his crucifix necklace that stopped stray bullet ripping through his heart as he played at home」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット)
映画やドラマの世界では、身につけていたペンダントや懐中時計などが銃弾を食い止めて命拾いするといったシーンがあるが、このほどアルゼンチンで実際に十字架のペンダントが少年の命を銃弾から救った。少年の両親は「神の奇跡」だと話している。『The Sun』『LADbible』などが伝えた。

アルゼンチンのトゥクマン州ラス・タリタスで12月31日の夜、9歳のティツィアーノ君(Tiziano)が銃弾を胸に受け、家族によって病院に運ばれた。

ティツィアーノ君は当時、父親デイヴィッドさん(David)と母親のアレハンドラさん(Alejandra)、そして姉妹と一緒に新年を祝うため叔母の家を訪れていた。午後10時頃に姉妹やいとこと一緒に外で遊んでいたティツィアーノ君だったが、近所でロケット花火を打ち上げる音が聞こえ、安全のため家の中に戻ることにした。

先にいとこと姉妹を家に入れ、ティツィアーノ君は後から入ろうとした。するとその瞬間、胸に大きな衝撃を受けて激しい痛みを感じたという。ティツィアーノ君はその時、足元に弾丸の薬莢が落ちていることに気づいたそうで、何者かが撃った銃弾を胸部に受けてしまったようだ。

痛みを訴えるティツィアーノ君に姉妹は両親に助けを求め、病院へ連れて行くことになった。医師はティツィアーノ君の左の胸部に小さな火傷のような痕を確認したが、銃弾が胸部を撃ち抜いた形跡がなかったため、彼は治療を受けてから1時間もしないうちに自宅に戻ったそうだ。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月7日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。