ジンバブエとザンビアの国境にあるヴィクトリアの滝(Victoria Falls)は迫力ある光景が見られるが、その周辺は非常に滑りやすくなっている。今月1日には、滝のすぐそばを歩いていた男性が滝つぼに転落した。
『Eyewitness News』などが伝えた。

転落したのはジンバブエの首都ハラレに住むロイ・ディキンヤさん(Roy Dikinya、40歳)で、観光目的でヴィクトリアの滝にやってきた。ディキンヤさんはセルフィーを撮るために歩いていたが、足を滑らせてしまい108メートル下の滝つぼに転落したという。

事故当時は雨量が多く、ザンベジ川から流れる水量も多かったため、ディキンヤさんを見つけることは非常に困難だった。1月5日に警察、国立公園職員、ボランティアからなる捜索隊が編成され、朝10時からボートやカヤック、ロープなどを使い、6時間後に発見された遺体を引き上げた。遺体とともにディキンヤさんのスマホも見つかったとのことだ。


なお転落する直前のディキンヤさんを撮った写真がTwitterに投稿されて話題になっているが、むき出しの岩が濡れており見るからに滑りやすく、非常に危険な場所をサンダルで歩いていたことが分かる。

ンドゥロブ(Ndlovu)環境大臣は捜索隊の労をねぎらうとともに、今回の事故について「観光地での事故は誠に遺憾で、このようなことが起こらないよう予防策を立てていく」と述べた。ちなみに今回の捜索中、ザンビアの漁師と見られる遺体も発見されたそうだ。

画像は『Wellence Mujuru 2021年1月3日付Twitter「This was the last picture of the Tourist who slipped and fell into the Victoria Falls Danger Zone.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)