森口博子、リストラ寸前で踏ん張った20歳の頃 売り込むための「3種の神器」があった

森口博子が1月11日にブログで新成人を祝福して、自身が20歳頃にリストラ宣告されたことを振り返った。後にバラドルの草分けとして人気を得た森口だが、リストラ寸前から挽回するには人知れぬ苦労があったようだ。当時売り込むために工夫した手段の1つ「3種の神器」を明かしている。

「成人の日」のタイトルでブログを更新して「新成人のみなさん おめでとうございます!」と切り出した森口博子。「これまでの日常が一変したこの時代に、みなさんが成人式を無事に迎えられた事、心から祝福の気持ちでいっぱいです」とメッセージを送った。

さらに20歳頃のアイドル姿を公開して「堀越学園卒業間近にリストラ宣告を受けている身としては、何とか頑張らなくてはと、踏ん張っていた時代です」と振り返り、「お馴染みの帽子、三つ編み、リボンスタイル」について「顔と名前を覚えてもらう『3種の神器』」と説明している。


森口博子はタモリ、高橋真梨子、博多華丸氷川きよしと同じ福岡市内の中学校の出身だ。地元で芸能界を夢見るようになり上京すると、高校2年生の途中からは堀越高等学校に通った。1985年に「機動戦士Z(ゼータ)ガンダム」の主題歌『水の星へ愛をこめて』で歌手デビューするが、その後はヒット曲に恵まれず、高校3年生の時に所属事務所で「福岡に帰らせよう」とリストラの話が浮上した。それを知って「辞めたくない、帰りたくない」と懇願した森口が、何とか売れなければと考えた末に「顔と名前を覚えてもらう『3種の神器』」を駆使して頑張る光景が目に浮かぶようだ。やがてバラエティーもこなすアイドル“バラドル”として活躍するようになり、歌手としても実績を残すようになった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

森口博子のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「森口博子」に関する記事

「森口博子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森口博子」の記事

次に読みたい「森口博子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク