引退した警察犬、ハンドラーと久々の再会で大興奮(中国)<動画あり>

引退した警察犬、ハンドラーと久々の再会で大興奮(中国)<動画あり>
ハンドラーと久々に会い、甘える元警察犬(画像は『Daily Star 2021年1月9日付「Retired German shepherd police dog ‘cries’ after being reunited with handler」(Image: Douyin/BWBD)』のスクリーンショット)
       
このほど中国で、引退した警察犬とハンドラーの久々の再会を捉えた動画が拡散されて注目を集めた。動画では犬の目に涙が浮かんでいるようにも見えたことから、人々の心を熱くしているようだ。『Daily Star』『Mirror』などが伝えた。

雌のジャーマン・シェパード・ドッグ“ワンワン(Wangwang)”は、中国・河南省淅川県の検問所で探知犬として活躍していた。その“ワンワン”の動画がこのほど中国版TikTok「抖音」に投稿され、話題を呼んでいる。

8歳になる“ワンワン”は、2019年6月に探知犬としての役目を終えて引退した。現在は新しい家族のもとで幸せに暮らしているが、最近になって長年ともにしてきたハンドラーと1年半ぶりの再会を果たした。

“ワンワン”のハンドラーだった警察官の男性は、地元をパトロールしていた際に“ワンワン”が暮らす地区に差し掛かり、久しぶりに会うことにしたという。

動画では、男性が名を呼ぶと“ワンワン”は門から勢いよく飛び出してきて男性に甘えており、1年半が経つもハンドラーの男性のことを覚えていたようである。

ハンドラーの男性に顔をすり寄せて仰向けになり、お腹を見せるなどして“ワンワン”は嬉しさを隠しきれず、その目には涙が浮かんでいるようにさえ見えた。そして再び別れの時に男性がパトカーに戻ろうとすると、それを遮るかのように男性の前に回り込み再び甘え始めたのだ。


この“ワンワン”の姿に人々は胸を打たれたようで、次のような声があがった。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。