米時間20日、アメリカの首都ワシントンにて新大統領の就任式が行われ、民主党のジョー・バイデン氏が第46代大統領に就任した。レディー・ガガは国歌『星条旗』を、ジェニファー・ロペスは『This Land Is Your Land』など2曲のパフォーマンスを披露し、コロナ禍での厳かなセレモニーに華を添えた。

「就任式にて国歌を歌い、ジョー・バイデン氏並びにカマラ・ハリス氏の歴史的な就任を祝福できることを大変光栄に思います。」

自身のSNSにそう綴っていた人気シンガーのレディー・ガガは20日、「スキャパレリ(SCHIAPARELLI)」のネイビーのカシミアジャケット&赤のボールガウンスカートのオートクチュールで登場した。劇場を意識したかのような、クラシカルかつ煌びやかな装いに身を包んだガガ、胸には平和の象徴である鳩の大きなブローチ、手にはゴールドのマイクを持ち、堂々とした姿で『星条旗』(The Star-Spangled Banner)を歌い上げた。


レディー・ガガによる素晴らしいパフォーマンスの一部始終は、就任式実行委員会の公式ツイッター「Biden Inaugural Committee」でも公開されており、

「こんなにも素晴らしい響きの国歌は初めてです。」
「レディー・ガガさん、素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました!」

と綴られている。ユーザーからは

「圧倒的な存在感!」
「やっぱりガガはタダ者じゃなかった!!」
「アメリカの再出発にふさわしい、素晴らしいパフォーマンス」

などといった称賛コメントが寄せられた。

この日、ミュージカル・パフォーマーとして登場したジェニファー・ロペスは、ツイードのロングコート、ラッフルブラウス、ワイドパンツから、イヤリング、ブレスレット、ベルトといったパール小物に至るまで全身を「Chanel」で統一。レディー・ガガのブルー&レッド、ジェニファーのホワイトでアメリカ国旗の象徴色を表現したようだ。

昨年の「NFLスーパーボウル」第54回大会のハーフタイムショーではパワフルなステージを魅せていたが、今回は大統領就任式という大変フォーマルな場だったため、ジェニファーはかなりコンサバなファッションをチョイスしたと見える。『我が祖国』(This Land Is Your Land)、『アメリカ・ザ・ビューティフル』(America the Beautiful)の2曲を通じてアメリカへの愛をしっとりと歌ったジェニファーは、曲の途中で「忠誠の誓い」(Pledge of Allegiance)の一節をスペイン語で叫んだり、自身の代表曲『Let’s Get Loud』の歌詞を挟むなど、オリジナリティーを取り入れたパフォーマンスで話題を集めた。

就任式実行委員会の公式ツイッターには、

「Let’s Get Loud…(さぁ、声を上げましょう)アメリカの新大統領&副大統領のために!」
「ジェニファー・ロペスさん、この歴史的瞬間に足を運び、その一部を担ってくださりありがとうございました」

とジェニファーへのメッセージが綴られているほか、視聴者からは

「思わず涙が出た」
「エレガントで美しいパフォーマンスだった」
「愛国心とラテンルーツへの誇りに溢れた素敵なステージ」

といったコメントが多数届いている。ジェニファーらしさをちりばめたこの日のステージには、

「あそこでスペイン語で叫ぶ必要はあった?」
「自分の曲の一節を無理やり入れなくてもよかったのでは?」

との批判も少なくなかったが、彼女のステージを「新たなアメリカの幕開け」「多様性の象徴」と前向きに受け取る国民も多かったようである。



画像は『Biden Inaugural Committee 2021年1月20日付Twitter「The National Anthem has never sounded better」「Let’s get loud... for our next president and vice president of the United States!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)