研ナオコ “すっぴん”でレーズンパンにかぶり付くも「美肌」に注目集まる

今年1月、公式YouTubeチャンネルですっぴんからメイクが完成するまでを早送り動画で公開し話題となった研ナオコ(67)。今度はすっぴんでレーズンパンにかぶり付いているところをインスタグラムに投稿したが、「恐い」「可愛い」と両極端な感想が寄せられている。

1月18日にYouTubeチャンネル「研ナオコ Naoko Ken」で公開された動画「こうして私が出来上がります【メイク早送り】」は、研ナオコが素顔にスチームを当てながらクリームでセルフマッサージを施している場面から始まる。いつもは面倒臭くなり省くこともあるそうだが、やはり手間をかければ仕上がりに差が出るらしい。基礎化粧品は資生堂を愛用しているものの「資生堂の回し者ではありません!」とのことだ。使用しているシリーズも一般人が手の届かないものではなく、アイシャドウや付けまつげはディスカウントストア「ドン・キホーテ」で購入しているそうだ。研のマネージャーは「昔より、目の位置が寄ってきた」と見ており「アイメイクの仕方を変えたのか?」とストレートに疑問をぶつけるなど2人のやり取りも面白い。このメイク動画は彼女と同年代の方を中心に女性の注目を集め、特にアイメイクについては「早送りせず、じっくり見せて欲しい」というリクエストも届いていた。

そして2月1日の『研ナオコ(Naoko Ken) ken.naoko Instagram』では、「レーズンパンうんめ~」とノーメイクで口にパンを入れた状態の写真を投稿している。YouTubeより顔に接近しているのでシミ一つないきれいな肌や、セーターと同じパウダーピンク色の指先にフォロワーの視線が集中。「めっちゃ可愛い~」「肌キレイ、手もキレイ、指も長くてステキ」「とにかくお肌が美しい」「パンよりも素敵な爪に目が行ってしまいました」「髪の色を真似したいです」とネイルやヘアカラーについても問い合わせが寄せられている。ただ美味しそうに食べているのだが、「恐い」「喉に詰まらせないか心配」という声も見受けられた。

インスタグラムでは「みなさんに楽しんでほしい」という研ナオコのサービス精神がいっぱいで、クスッと笑える写真が多数投稿されている。また研はファッションセンスの高さにも定評があり、私服の写真もたくさん見せてほしいものだ。

画像は『研ナオコ(Naoko Ken) 2020年12月31日付Instagram「今年も一年ありがとうございました」、2021年2月1日付Instagram「レーズンパンうんめ~」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク