女優のデミ・ムーアがこのほどあるYouTube番組に出演し、昨春物議を醸した隔離生活の様子について明かした。デミはそれを「本当に恵まれた状況だった」「パンデミックがもたらした“幸運”」と語っている。

現地時間2日、米出身女優デミ・ムーア(58)“元祖スーパーモデル”ナオミ・キャンベル(50)のYouTubeシリーズ『No Filter with Naomi』に出演した。先日開催されたパリ・ファッション・ウィークの「フェンディ2021年春夏クチュールコレクション」で“競演”したばかりの2人、この日の番組ではそんな興奮冷めやらぬといった感じの両者がパリにてガールズトークを繰り広げた。

デミは先月、カーラ・デルヴィーニュケイト・モス&ライラ・グレース母娘ベラ・ハディッドなど錚々たるスーパーモデル達が名を連ねたランウェイのオープニングをサプライズ出演で飾り、大きな注目を集めた。一世一代の晴れ舞台を収めた動画はデミのInstagramでもアップされ、現在180万回以上再生されている。一生忘れられない経験となったこの日のことを、デミはナオミを前に瞳を輝かせながら、

「『10代の頃のファンタジーが現実になった』って本当に実感したのは、ランウェイを歩いた後だったわ。」
「しばらくしてから『オー・マイ・ゴッド、偉大なモデル達とランウェイを歩いたんだわ』って。」
「まるで小さな子供みたいな心境だった。」

と身振り手振りで語った。