「狼男」と呼ばれる男性、全身の95%以上に毛が生えるも「僕は幸せ」(米)<動画あり>

身体に過剰に毛が生える「多毛症」は、これまで確認されている例が100件にも満たない非常に稀な疾患だ。このたび「先天性多毛症」で身体の95%以上を毛に覆われている男性がメディアのインタビューに応じ、これまでの人生や現在の暮らしについて語った。『Barcroft TV』などが伝えた。

米カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡在住のゲイブリエル・ラモス=ゴメスさん(Gabriel Ramos-Gomez、42)は、身体に過剰に毛が生える多毛症(狼男症候群)を患っている。ゲイブリエルさんの場合、全身の95%以上に毛が生えており、特に毛が集中している顔は2週間に一度は剃らなければならない。

実はメキシコ出身のゲイブリエルさんの家族(ラモス=ゴメス一家)は30人以上が多毛症で、2000年2月には「多毛症の大家族」としてギネス世界記録に登録された。一家のような先天性多毛症はX染色体に何らかの異常があるとされ、多毛症遺伝子を持つ女性は50%の確率で子に遺伝し、男性に比べると体毛の色も薄く軽度という。また男性がこの遺伝子を持つ場合は、娘には遺伝するが息子に遺伝することはないそうだ。


ゲイブリエルさんは「弟も同じ多毛症でね。僕たちは16歳の時に、先に働き始めていた従兄とともにサーカスで働き始めたんだ。トランポリン、空中ブランコなどを披露する『狼男(Wolf Man)』と呼ばれていたんだよ」と当時を振り返る。

ゲイブリエルさんの従兄は、サーカス時代のことを「食事に困ることはなかったしお金ももらえた。でも一つだけ嫌だったのは街に出られなかったことだよ。僕らは見世物だったから、街を歩くことは許されなかったんだ」と明かしており、ゲイブリエルさんは「サーカスはもう辞めたよ。当時のメンバーに連絡を取っても返事もないしね。でもいいんだ。私は自分のことが好きだからね」と語る。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。