櫻井翔、石橋貴明に感謝「下剋上コントで嵐のファンが増えた」 他にもいる『うたばん』が転機になったアーティスト

櫻井翔がMCを務める『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で2月18日、石橋貴明との対談企画を放送した。櫻井はが2020年末をもってグループ活動を休止したことでソロ活動をスタートするにあたり、とんねるずの活動からソロ中心にシフトチェンジした石橋の話を聞きたかったという。そんな2人の対談ではじめに盛り上がったのは、嵐が何回も出演した音楽バラエティ番組『うたばん』(1996年10月~2010年3月)の話題だった。

1999年11月にCDデビューしたがまだゴールデン枠の冠番組を持たなかった頃、石橋貴明と当時SMAPのリーダーだった中居正広がMCを務める『うたばん』に出演して、大野智と中居による“下剋上コント”を繰り広げて評判となった。VTRで当時のコントをいくつか振り返ったところ、2003年2月20日放送回では中居が嵐の皆に向けてトークしていると、大野だけ石橋とひそひそ話しているので「おい大野! 聞いてるのか!?」と注意した。すると大野が石橋に耳打ちされた通り「中居君にだってカッコ悪い時もあるよな?」と聞かれて「普段がカッコ悪いからな」と答え、中居が「大野! コラ!」と掴みかかろうとするのを嵐メンバーが必死に止めるという寸劇風コントだ。

櫻井翔はその“下剋上コント”のおかげで、2000年前半のまだ嵐がそんなに広く知られていない時に「あのコントを楽しみにしてくれた人や、ファンになってくれた人がすごくたくさんいた」とターニングポイントになったことを感謝していた。当の石橋は口数の少ない大野智に「匂い」を感じて「角度を変えてみたら面白くなるんじゃないか」と台本になかった“下剋上コント”を思いついたことを明かしており、櫻井は「大野じゃない他のメンバーだったらしんどかったと思う。大野のキャラがあってこそのコントだ」と発想した石橋の手腕に唸っていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

櫻井翔のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「櫻井翔」に関する記事

「櫻井翔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「櫻井翔」の記事

次に読みたい「櫻井翔」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク