ジャスティン・ビーバー、ロールス・ロイスを近未来的に改造 その仕上がりに感極まる

ジャスティン・ビーバー、ロールス・ロイスを近未来的に改造 その仕上がりに感極まる
3年かかったカスタマイズに感激したジャスティン(画像は『Justin Bieber 2021年2月12日付Instagram「@rorykramer」』のスクリーンショット)
高級車好きで知られる歌手ジャスティン・ビーバー(26)が、またもや新車を手に入れた。ロールス・ロイスを近未来的なデザインにカスタマイズしたもので、3年を費やしてロサンゼルスのセレブ御用達カスタムショップによって手掛けられた。ジャスティンがこの車をドライブする姿が先月に目撃されており、ファンの間では「あの車は一体何?」と話題になっていた。カスタムショップが現地時間19日に動画を公開し、カスタムカーの詳細やジャスティンがピックアップに訪れる場面も見られる。

ジャスティン・ビーバーから依頼を受けてロールス・ロイスの改造を手掛けたのは、ロサンゼルスを拠点とするセレブ御用達のカスタムカーカーショップ「West Coast Customs」だ。同社はMTVの番組『Pimp My Ride(邦題:ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~)』なども担当している。

同社の公式YouTubeチャンネルは現地時間2月19日、ジャスティンの依頼を受けて近未来的に改造したロールス・ロイスの動画を公開した。改造したのは、ロールス・ロイスの超高級車レイス(Wraith)だ。2018年製でリテール価格は33万ドル(約3500万円)ほどだが、改造後の価格は明らかではない。黒い車体にはマットシルバーの塗装が施され、サイドパネルがタイヤハウス全体を覆う近未来的なイメージにカスタマイズされた。


「West Coast Customs」オーナーのライアン・フリードリングハウス氏(Ryan Friedlinghaus)は「未来的ということを考えた時、25年後のロールス・ロイスがどのようになっているかを想像しました。それで僕達は、こんな車があっても良いなと思ったんですよ」とカスタマイズのデザイン案について説明した。

当時の記事を読む

ジャスティン・ビーバーのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジャスティン・ビーバー」に関する記事

「ジャスティン・ビーバー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャスティン・ビーバー」の記事

次に読みたい「ジャスティン・ビーバー」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月22日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. ジャスティン・ビーバー Instagram
  2. ジャスティン・ビーバー セリーナ・ゴメス
  3. ジャスティン・ビーバー ピコ太郎

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。