「“パパ”をショッピングリストに追加しました」AIスピーカーと2歳児のやり取りに大笑い(米)<動画あり>

幼い子どもが親の真似をして電話をかけたり、テレビのリモコンをいじったりするのはよくあることだが、このほどAIスピーカー「アレクサ」に話しかける2歳児の姿がベビーモニターによって撮影された。最終的にショッピングリストに“パパ”が追加されてしまう事態になり、この可愛いやり取りは笑いの渦を巻き起こしている。『Mirror』などが伝えた。

米コネチカット州サウスベリー在住で高校教師のアリー・フェミアさん(Aly Femia)は2人の息子を持つ母親だ。ある晩、息子のベッドに設置してあるベビーモニターで様子を確認していると、面白い映像が撮れたという。

実際の映像では、掛布団をめくり上半身を起こした男の子がおもむろに「アレクサ、パパが必要なの」とAmazonのAIスピーカー「アレクサ」に話しかけている。

当時はアリーさんが寝かしつけた後だったが、なかなか眠ることができなかった男の子はパパがいれば眠れると思ったのか、アレクサに助けを求めたのだった。

男の子の問いかけは“パパを呼んできて”という意味だったが、アレクサは男の子の“必要”という言葉から、何かをショッピングリストに追加するべきだと判断したようで「何を追加すればよろしいでしょうか?」と尋ねた。これに対して男の子は「パパ」とだけ強調するようにして答えており、この映像を見ているアリーさんも思わず笑っていた。

アレクサは「ショッピングリストに『パパ』を追加しました。他に必要なものは?」と自身の仕事を進める。男の子が「ん…無い」と答えると、アレクサは困惑気味に「OK」と返答し動画は終わっている。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。