エリザベス女王、コーギーの子犬2匹を新たに飼い始める

エリザベス女王、コーギーの子犬2匹を新たに飼い始める
子犬2匹をウィンザー城に迎え入れたエリザベス女王
エディンバラ公フィリップ王配(99)の入院が長引く中、エリザベス女王(94)に2匹のコーギーの子犬が贈られた。愛犬家で知られる女王はこれまでにコーギーを数匹飼っていたが、昨年に“バルカン”が旅立った後、ロイヤルドッグは1匹だけになっていた。現在はウィンザー城で家族と離れて生活している女王だが、子犬達が元気を与えているようだ。『The Sun』が伝えている。

ロックダウン中の英国で、エリザベス女王は数名のスタッフとともにウィンザー城に滞在している。エディンバラ公フィリップ王配も一緒に生活していたが、先月16日に入院し、転院先の病院で心臓手術を受けていた。王配は今後数日間は病院で療養生活を送るため、女王は城で孤独な暮らしを続けることになる。

英紙『The Sun』によると、ウィンザー城に住む女王のもとに2匹の子犬が届けられたのは、フィリップ王配が入院した後だという。王室を知る情報筋は同紙に「女王は、大変喜んでいます」と明かし、ロイヤルドッグの重要さについてこのように話した。

「女王がコーギーを全く飼わないなんてことは、考えられません。言ってみれば、ロンドン塔に名物のカラスがいないようなものです。犬達が来てわずか数週間ほどしか経っていませんが、とても可愛くて城での生活に馴染んでいますよ。フィリップ王配が入院している間、2匹が城内に多くの賑わいとエネルギーを与えているようですね。」

エリザベス女王は18歳の誕生日プレゼントとして迎えたコーギーの“スーザン(Susan)”を飼い始めて以来、スーザンの子孫にあたるコーギーやドーギーを30匹以上飼ってきた。しかし2015年には、女王自身が亡くなった後に何も残したくないとの理由から、今後はブリーディングをしないという決断を下したことが報じられた。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「エリザベス女王、コーギーの子犬2匹を新たに飼い始める」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    孫夫婦がワーワー騒ぐから、ワンちゃんは癒し・気晴らしになって良いのではないでしょうか。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月6日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。