歌姫ブリトニー・スピアーズ(39)と交際中のサム・アスガリさん(27)が、このほど『Forbes』のインタビューに登場した。かねてからブリトニーとの結婚は「もちろん視野に入れている」と公言してきたサムさん、今回のインタビューでは「若い父親になる」ことへの願望や、アクションヒーローとして成功する夢などを語った。


モデルやパーソナルトレーナーとして活躍するイラン生まれのサム・アスガリさんが、米出身歌姫ブリトニー・スピアーズと出会ったのは2016年11月にリリースされた楽曲『Slumber Party』のMV撮影現場であった。この少し前に「フィフス・ハーモニー」のミュージックビデオ『Work From Home』に出演したサムさんは、MV以外の新たな活動の場を求めていた時期だったため、当初は『Slumber Party』の仕事にはあまり乗り気でなかったという。

「テレビや映画の仕事がしたかったんだよね。それでちょっとミュージックビデオから離れてみようっていうのが僕の作戦だった。これ以上ビデオに出演し続けて“MV俳優”として認識されてしまうのが嫌だったからね。」

この頃『Slumber Party』のプロジェクトチームは、ちょうどビデオに登場するメインの俳優を探しており、サムさんの親しい友人が彼をチームに推薦していたのだが、相手役となる歌手(ブリトニー)が複数の候補の中から選んだのがサムさんだったそうだ。しかしこの時点ではビデオがどの歌手のものであるかといった詳細を一切明かされていなかったサムさんは、ブリトニー直々のご指名であったことはもちろん知らされておらず、引き続き出演をためらっていた。
そんな時に友人から「このビデオには出演すべき。僕の言うことを信用して。絶対行った方がいいから」と強く勧められ、ようやく現場に向かうことにしたという。

「あれはシークレットプロジェクトでね。僕は友人の説得があったから現場に出かけたんだよ。あのビデオへの出演がきっかけで、すべてのことが幕を開けたんだ。」

ちなみにこの時のことは、ブリトニー本人も過去に出演したラジオ番組の中で語ったことがあった。
MVの撮影中にたまたま長い待ち時間を共に過ごすことになったブリトニーとサムさんが、ぎこちない雰囲気の中で会話を交わし、途中寿司の話題で盛り上がったためサムさんがブリトニーに電話番号を渡し、5か月後にブリトニーの方から電話をしたというエピソードだ

それ以来、2人は順調に交際を続けており、ブリトニーが元夫との間に授かった2人の息子達の養育費問題やメンタルヘルス施設への入所、そして自身の後見人問題など次から次へと難局に直面するブリトニーをサムさんは陰で支えてきた。交際から4年が過ぎた現在はブリトニーとの関係も「次の段階」へと進めたいそうで、

「父親になるってのも悪くないな。僕は若いうちに父親になりたい。」

と家族を作ることへの願望を覗かせていた。

一方キャリアの方では、プロレスラーから俳優へと転身し幅広い役柄で人々を魅了するドウェイン・ジョンソンを尊敬しているというサムさん。

「僕のゴールはアクションヒーローになることなんだ。
コメディ、アクション、ドラマと幅広い役も演じてみたい。今まで学んできた演技のスキルを世の中に見てもらいたいね。」

とアメリカンドリームを語った。

すでに人気ドラマ『NCIS』『The Family Business』への出演を果たしたサムさんは、今後はHBO MaxやApple TVのプロジェクトにも出演が決まっているそうで、俳優としてのキャリアも順風満帆。今後は“ブリトニー・スピアーズの恋人”としてではなく“俳優サム・アスガリ”として知名度を高めていくことになりそうな予感だ。



画像は『Sam Asghari 2021年3月6日付Instagram「It’s an honor to be featured on @forbes article link in Bio.」、2020年8月3日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)