マイクロブタのはずが100キロ以上の巨体に成長 暖炉の前に寝そべり悠々自適な生活(スコットランド)

マイクロブタは大きくても40キロほどで、そのサイズからペット用として人気の豚だ。しかしスコットランドの一家がマイクロブタを購入したところ100キロ以上に成長し手に負えなくなり、動物保護団体が引き取った。この豚は他の豚たちが外の飼育小屋で生活しているのに対し、室内で悠々と暮らしているという。『Glasgow Times』などが伝えた。

現在3歳半となった“フランシスコ(Francisco)”はポットベリー・ピッグという種類のベトナム原産の豚で、約3年で100キロ超えになる大型種だ。

そんなフランシスコが小さな子豚だった頃、ペットショップにてマイクロブタとして販売されていた。マイクロブタは成長しても体重が40キロほどで、そのサイズから海外では“ティーカップピッグ”とも呼ばれている。

小さいフランシスコの姿に心を奪われた15歳の少女は両親を説得し、ペットとして自宅でフランシスコを飼育し始めた。そこまで大きくはならないと思っていた一家だったが、フランシスコは予想に反してどんどん大きくなっていった。

生後3か月の頃には一家の手に負えないほどの巨体に成長してしまい、困り果てた一家はスコットランド、サウス・ラナークシャーのカールークにある動物保護活動を行う団体「Tribe Animal Sanctuary Scotland TASS」に連れていき、引き取ってもらった。

同団体の創設者モラグ・サングスターさん(Morag Sangster)と夫のジョン・ライアンさん(John Ryan)は、100匹の動物たちとともにフランシスコを自宅で保護している。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月17日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。