米歌手ビリー・アイリッシュ(19)が、黒とネオングリーンに染めた特徴的なヘアからブロンドに変身した姿を初公開した。そんなビリーのイメージチェンジに、ファンからは「美しい!」といった絶賛の声が殺到。公開からわずか6分後にはInstagramの「いいね!」が100万件に達し、同サービスで過去最短記録を更新した。

現地時間17日、ビリー・アイリッシュが自身のInstagramでブロンドヘアにイメージチェンジした動画を初披露した。投稿には「ちゃんと予想できたかな?」と記されている。撮影現場とみられる場所が映されると、音楽と同時にビリーが下から現れ、新しいブロンドヘアを振りかざす姿だ。

ビリーは同日、正面から撮影した写真も公開している。彼女の髪は以前と変わらず肩の下までの長さだが、全体にレイヤードが入った軽やかな印象だ。投稿には「私をつねって」との言葉が添えられた。


ビリーの新しいヘアはフォロワーの間で大きな反響を呼び、投稿後わずか6分で100万件の「いいね!」が付けられた。2018年には歌手セレーナ・ゴメスが26歳の誕生日の投稿後、13分以内に100万件の「いいね!」を獲得したが、ビリーはこの記録を打ち破りInstagramでの過去最短記録を更新した。

以前とは印象ががらりと変わったビリーの姿に、モデルのジジ・ハディッドは「オッケー、ラブ」とコメント、歌手ミーガン・ジー・スタリオンはハートの目をしたスマイリーの絵文字を並べて反応した。

フォロワーからも「ゴージャス」「凄く綺麗」「とても美しい!」と絶賛する声のほか、様々な意見が寄せられた。

「惚れたよ。素晴らしい。正直言って、彼女はどんな髪型もヘアカラーも似合うよね。」
「グリーンのヘアが好きだったけど、この髪も良いね。」
「ビリー、お願いだからあなたのスタイルを変えないで。私達は『バッド・ガイ』の見た目が欲しいんだから。」


ビリーの本来の髪の色はブロンドだが、これまでにラベンダーグレー、ブルーパープル、デニムブルー、ターコイズブルー、ブラックなど様々な色に染めている。2019年からキープしていた黒い髪とネオングリーンのヘアカラーは、彼女の最も特徴的なスタイルとして有名になった。

ビリーは昨年12月、自身のドキュメンタリー『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』の公開後に髪色を変えると宣言していた。同作品が2月26日にApple TV+で配信された後、ファンの間では「そろそろヘアカラーを変える時期」という期待が高まっていた。

現地時間14日に開催した「第63回グラミー賞授賞式」でビリーは帽子を被っており、ビデオ通話で授賞式に参加した際にもバンダナをつけていた。そのためすでに髪の色を変えたビリーが「ウィッグをつけているのでは」という話題が持ち上がっていた。

ビリーは昨年12月に「髪の色をからかうファンがいる限り、ニューアルバムはリリースしない」と冗談交じりに言い、新作の発表をほのめかしていた。新しいブロンドヘアは、彼女のニューアルバムの方向性を示しているのかもしれない。



画像は『BILLIE EILISH 2021年3月15日付Instagram「???????」、2021年3月17日付Instagram「pinch me」、2021年3月17日付Instagramストーリー、2021年3月14日付Instagram「A GRAMMY??????????」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)