タレントの渡辺美奈代(51)が、公式ブログで銀婚式を迎えたことを報告した。結婚当初は世間知らずだった渡辺を、義父母は優しく見守ってくれたという。新婚時代や出産時に義父母にかけてもらった言葉を明かすと、ファンからは「優しくて素敵」「ご主人のご両親、神様みたい」という声があがっている。

28日、タレントの渡辺美奈代が公式ブログで25回目の結婚記念日を迎えたことを報告した。渡辺は銀婚式にあたるこの日、「優しく、温かい心で見守っていてくれた家族がいたから今がある」と家族への感謝の気持ちを綴った。

なかでも渡辺が感謝しているのは、義父母だという。結婚当初、世間知らずだった渡辺に対して叱ることもなく「美奈代ちゃん! いいのよ何もしなくて」と優しい言葉をかけてくれたそうだ。しかも渡辺の夫に対して「こーんなに可愛いお嫁さんに来て頂いたのだから、床の間に飾っておかなくちゃ!」とまで言ってくれたという。長男と次男を出産した際も、子育てには一切口を出さず「美奈代ちゃんの好きな様に育てたらいいのよ!」「子育ても昔と違って今のやり方があるから」と理解を示してくれた。

世間では家事や子育てに口を出してくる義父母は少なくないようで、ブログを読んだファンからは「世の中の舅、姑が全て常識がある人ではありません」「ご主人のご両親、神様みたい」「まわりが焦らせずに見守ってくれていると嬉しいし、頑張れますよね」「パパさんだけじゃなくパパさんのご両親も優しくて素敵」と渡辺の義父母を称賛する声があがった。