グウィネス・パルトロウ、再婚で“継母”という立ち位置に悩んだことを告白



「どうでしょうね… 家庭に10代の女の子が2人いるので、“継母”という立ち位置が時々複雑になることはあります。同じ環境で育っていないと、難しい時もありますよ。でも結局のところ、家族皆が共通して望んでいるのは、愛され、受け入れられること、これに尽きると思うんです。」

「たとえば私の継息子は当初、ありとあらゆることが上手くいっていなかったんです。でも今の彼と私には、私達2人だけが共有する世界があります。私は彼の母親ではないし、彼も私の息子ではないけれど、彼が私にとって特別な存在であることを、彼はちゃんとわかってくれているんです。」

再婚によって“継母”という未経験のテリトリーに足を踏み、これまで様々な試行錯誤を重ねてきたグウィネスは、夫ファルチャック氏との結婚生活も順調な様子だ。ファルチャック氏が50歳の誕生日を迎えた3月1日には自身のInstagramに、

「ただいつもあなたのそばにいたいの。少なくとも今後50年くらいはね。」

と愛情たっぷりのメッセージを綴っていた。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク