英フィリップ王配が99歳で崩御 13歳だったエリザベス女王との出会いから英国史上最長の君主配偶者に

英王室のエディンバラ公フィリップ王配が、現地時間9日の朝に崩御したことをバッキンガム宮殿が伝えた。滞在先のウィンザー城で静かに息を引き取ったという。99歳だった。エリザベス女王(94)とは73年の結婚生活を送り、今年6月には100歳の誕生日を迎えるはずだった。

バッキンガム宮殿は現地時間9日に声明文を発表し「女王陛下が、最愛の夫エディンバラ公フィリップ殿下の死を発表されたことを、深い悲しみを持って受け止めています。殿下は今朝、ウィンザー城で静かに息を引き取られました。詳細は追ってお知らせします。英王室は、世界中の人々と共に殿下の死を悼んでいます」と伝えた。

フィリップ王配は今年2月16日に滞在先のウィンザー城で体調を崩し、ロンドンのキング・エドワード7世病院に入院した。3月1日には市内の聖バーソロミュー病院(St Bartholomew’s Hospital)へ救急車で転院。現地時間3月4日に同病院での心臓手術が成功、翌日にキング・エドワード7世病院に移った。現地時間3月16日には、これまでで最長となる28日間の入院生活を終えて、エリザベス女王が待つウィンザー城に戻っていた

エリザベス女王は今後8日間は喪に服すため、私的なものを含む一切の公務を遂行しなくなる。議会を通過した法案を法として発行するため、女王が個人的に承認するロイヤル・アセント(国王の裁可)も行われない。8日が経過した後、さらに30日間は王室の公式な追悼期間が続くことになる。英国中が喪に服し、バッキンガム宮殿をはじめとする国内各地で半旗が掲げられる。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。