ウィリアム王子、英アカデミー賞授賞式への出席を辞退 フィリップ王配の逝去を受けて

エディンバラ公フィリップ王配が崩御したことを受け、ウィリアム王子は会長を務める第74回英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式への出席を辞退した。英時間10日と11日に開催される式典では、事前に録画した王子の対談やビデオ通話によるスピーチが流される予定だった。

英国アカデミー賞を主催する英国映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts, BAFTA)の会長を2010年2月から務めるウィリアム王子が、今年の同授賞式への出席を辞退することが伝えられた。


同アカデミーは声明で「エディンバラ公が逝去されたことを受け、ケンブリッジ公爵はBAFTAの番組には出席しないことになりました。英王室の皆様には心よりお悔やみ申し上げます」と述べている。

現地時間9日にウィンザー城で静かに息を引き取ったフィリップ王配(享年99)は同アカデミーの初代会長に就任し、1959年から1965年まで務めていた。

現在の会長であるウィリアム王子は毎年、キャサリン妃を伴って英アカデミー賞授賞式の式典に出席している。今年は現地時間10日と11日にロンドンのロイヤル・アルバートホールで開催されるが、パンデミック中のため王子のみがリモート出演する予定だった。


ウィリアム王子はコスチュームデザイナーのジェニー・ビーヴァンとメーキャップ&ヘアデザイナーのシャロン・マーティンとの対談を事前収録し、ロックダウン中での撮影や映画制作の技術について話し合うはずだった。2日目には王子がビデオ通話でスピーチを行い、過去1年間の映画産業の回復力を称える予定が組まれていた。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月11日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。