重石に繋がれ川に捨てられた犬、保護され新しい家族の元へ 許されざる元飼い主ら有罪に(英)<動画あり>

昨年1月、イギリスで心無い飼い主により重石をつけられて川に投げ込まれた犬がいた。犬は運よく通行人に発見され救助されたものの、かなりの衰弱に加え飼い主に与えられた苦痛により心に大きな傷を負っていたようだ。それから1年3か月が経ち、犬は新しい飼い主の元で幸せな生活を送っているという。『People.com』『Daily Star』などが伝えている。

英ノッティンガムを流れるトレント川で昨年の1月6日午前8時45分頃、川の近くを歩いていたジェーン・ハーパーさん(Jane Harper)が1頭の犬を救助した。ジェーンさんは当時、友人から「川の中に犬の頭が見える」と言われ、その方向を見ると川の水面から頭を出した犬がいた。

ジェーンさんは1月の寒さにもかかわらず川に飛び込み、犬を引き上げようとした。しかしなかなか引き上げることができず怪訝に思ったジェーンさんはその直後、犬の後脚に重石がつけられていることに気付いた。犬は岩の入ったキャリーバッグに繋がれたまま何者かに川に投げ込まれたようだ。


何とか犬を川から引き上げたジェーンさんは、すぐに獣医のもとへ連れて行ったそうだ。すると犬にマイクロチップが埋め込まれていることが分かり、“ベラ(Bella)”という名前で11歳の雌のベルジアン・シェパードということが判明した。

ベラは冷たい川に首まで浸かった状態で長いこといたためか、かなり衰弱していた。だが少しずつ餌を食べるようになり、徐々に回復していった。後にベラは「英国王立動物虐待防止協会・ラドクリフ動物センター(RSPCA Radcliffe Animal Centre)」で世話されることになった。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月13日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。