愛犬の胃の中から靴下4足 獣医も仰天(豪)

体調不良が続く愛犬を動物病院に連れて行き手術を行うと、なんと胃の中に4足の靴下が入っていたことが判明した。これには獣医も面食らってしまったという。『7NEWS.com.au』などが伝えた。

豪ニューサウスウェールズ州オレンジ市のある家で飼われているラブラドール・レトリバーの“モンティ(Monty、7)”は、よく遊びよく食べる元気な犬だ。しか今月初め頃から食欲がなくなり、体調が悪かったという。

心配した飼い主は、近くの動物病院「Canobolas Family Pet Hospital」にモンティを連れていった。担当獣医のローレン・スレイターさん(Lauren Slater)は「モンティは歯茎の色が悪く、腹部に膨満感が見られ相当弱っていました」と診察当時を振り返る。

原因を探るためにまず血液検査を行ってみると、モンティは貧血気味で血中タンパクの数値が低かった。これは体のどこかで出血していることを意味するという。さらに電解質バランスも悪く、点滴治療が必要な状態だった。

翌朝、出血の出どころや原因を探るため、もう1人の獣医イーヴィーさん(Evie)と相談したうえで肝臓からの出血や腹部に腫瘍ができている可能性があると判断し、超音波検査を行うことにした。幸いにもこの検査で腫瘍は確認されなかった。

そして次の可能性として、腸に潰瘍や腫瘍または閉塞が起きているのではないかと推測した2人は、レントゲン検査で確認した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク