怪我をした鳥のママになった犬 手をつないで眠り母乳が出るように(豪)<動画あり>

人間同士でも分かり合えないことは往々にしてある。ましてや犬と鳥ではどうなのだろうか? オーストラリアのある一家では、スタッフォードシャー・ブル・テリアとカササギの間に親子のような強い絆が生まれたという。『Metro』『The Dodo』などが伝えている。

クイーンズランド州クーメラに住むジュリエットさん(Juliette)は昨年9月、飼い犬“ペギー(Peggy、1)”と散歩中に草むらの中で怪我をして動けなくなっているカササギを見つけた。ペギーが吠えて知らせたためだった。

ジュリエットさんは瀕死の状態だったカササギを保護して地元の野生動物専門家に相談すると、パートナーのリースさん(Reece)と一緒に自宅で世話をすることにした。

「カササギに“モーリー(Molly)”と名付け、しばらく様子を見ることにしましたが、モーリーは丸一日眠り続けて『もうダメかもしれない』と思いました。それでもなんとか持ち直し、1週間後にはだいぶ元気になりました」と当時を振り返るジュリエットさん。その後のモーリーとペギーとの関係については、次のように述べている。

「ペギーは当初、モーリーを遠目に見て怖がっていましたが、日に日にその距離を縮め、モーリーのくちばしに鼻を近づけて臭いを嗅ぐまでになりました。こうしてペギーとモーリーは毎日一緒に過ごすようになり、お互いに離れることができない存在になったのです。」


一方でジュリエットさんは、すっかり回復したモーリーがいつでも飛び立っていけるように全ての窓やドアを開け、トカゲや虫などの餌の取り方を教えたという。しかしモーリーがこの家を去ることはなく、ジュリエットさんはいつしかこんなふうに思うようになったそうだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。