「視力が落ちた妻の髪を巻いてあげたい」美容学校の門を叩いた79歳男性に「これぞ真の愛」(カナダ)

プロの美容師を目指す学生が学ぶ美容専門学校に先月下旬、79歳の男性が突然「レッスンを受けたい」とやってきた。男性は、視力が低下しこれまでのようにおしゃれを楽しむことができなくなった妻のために髪の巻き方を学びたかったという。心温まるニュースを『CTV News Winnipeg』『Red Deer Advocate』などが伝えている。

カナダのアルバータ州レッド・ディアにある美容学校「デルマー・カレッジ・オブ・ヘアー・アンド・エステティックス(Delmar College of Hair and Esthetics)」に先月22日、初老の男性が「レッスンを受けたい。学校長と話ができないか」とやってきた。

学校長のキャリー・ハンナさん(Carrie Hannah)は「男性に話を聞くと、『妻の視力が低下し、これまでのように髪を巻くことができなくなった。またカールアイロンで何度も熱傷を負っている。僕が妻の代わりに髪を巻いてあげたいから、ここでレッスンを受けることができないだろうか』と言うではありませんか。私はこの業界で31年間も働いていますが、あんな生徒は初めてでしたよ」と当時を振り返る。

驚きながらもキャリーさんは、生徒の一人であるブリトニー・スミスさん(Britney Smith)に男性のインストラクターになってもらい、マネキンを使ってカールアイロンを使った髪の巻き方を教示した。また「マスカラを塗る時に、目を刺してしまうようだ」という話を聞いて、マスカラのレッスンもしたという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。