葬儀場で悲しむ人を癒し続ける猫、飼い主も数年は気付かず(英)

猫は気まぐれなどとよく言われ、単独でふらりと出かけて夕飯には戻ってくる―そんな個体も多いだろう。イギリスに住む10歳半のオス猫は今から数年前、飼い主の知らないところである“仕事”を始め、注目を集めている。『Metro』『Wirral Globe』などが伝えた。

英北西部マージーサイド州イーストハムに住むクリスティーナ・ジョーンズさん(Christina Jones)とスチュアート・ヘーグさん(Stuart Hague)は今から10年半前、農家で生まれたばかりの猫の兄弟“マックス(Max)”と“パディ(Paddy)”を飼い始めた。

しかしながらその1年後、マックスが突然姿を消し、2人は葬儀場の近くにある家に移り住むと新たに3匹の猫を自宅に迎え入れた。

そして新しい土地にも慣れた4年前、いつもふらりと家を出て午後6時頃に帰宅するパディが3日経っても戻らなかった。心配した2人は近所をまわり、ポスターを貼ってパディを探したが見つからない。するといなくなって5日目のこと、2人は自宅から徒歩5分の葬儀場「コープ・フューネラルケア(Co-op Funeralcare)」の「メイフィールズ・リメンバランス・パーク(Mayfields Remembrance Park)」で働いているという男性から連絡を受けた。

「その猫ならうちの葬儀場に毎日のようにやってくるよ。もう数年になるね。私たちがミーティングする時にも部屋にいるし、葬儀場を歩き回って訪れる人々を癒しているんだ。」

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク