海底で発見されたスポンジ・ボブに驚きの声「実写版の撮影?」 隣には“大親友”も(米)

米時間27日、アメリカの子ども向けアニメ番組『スポンジ・ボブ』の主人公のモデルとなった海の生物の姿が海底で捉えられた。その写真にはアニメで親友として登場するヒトデの姿も隣に写っており、「実写版の撮影かな?」などと驚きの声が寄せられている。『New York Post』などが伝えた。

話題の写真は、米アメリカ海洋大気庁「National Oceanic and Atmospheric Administration(NOAA)」と共同で調査を行った海洋科学者のクリストファー・マーさん(Christopher Mah)が自身のTwitterで公開したものだ。

クリストファーさんはマンハッタンから東へ200マイル(約321キロ)ほどの場所にある海底の山「Retriever seamount」付近で、遠隔操作型の海底探査機を用いて最新の調査を行っていた。

投稿には「普段はこのような投稿は避けるようにしているのですが…現実世界のスポンジ・ボブとパトリックです!」と書かれている。

スポンジ・ボブはその姿や色から、“食器用のスポンジ”や“チーズ”をモデルにしたキャラクターだと思い込んでいる人も多い。しかし実は、海の生き物である“海綿”がモデルになっていると公式ウェブサイトが明かしている。

海綿とは、海中で岩などに群体を作って付着している海綿動物門に属する水生動物の総称だ。食器用のスポンジはこの海綿動物の構造を参考にして作られているため、姿形がそっくりだという。この海綿そのものを加工して作られた商品も存在し、“天然海綿スポンジ”と呼ばれている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク