岸本加世子、病と闘う愛犬の動画を公開「1か月の余命宣告から34日が経ちました」

女優の岸本加世子が、余命宣告を受けた愛犬・姫子ちゃんの動画をインスタグラムに公開している。その元気な姿に「すごいです! 姫ちゃん! がんばれ」とたくさんのエールが寄せられており、岸本もフォロワーの声に元気付けられているようだ。

岸本加世子は動物好きで、かつては18匹の猫を飼っていたが今は犬を溺愛している。2015年8月に放送された『わんニャン倶楽部』(BS日テレ)で岸本はシェットランド・シープドッグの雌・等々力姫子ちゃん(当時4歳)、トイ・プードルの雄・等々力殿くん(当時3か月)と一緒に出演し、姫子ちゃんは尊敬するビートたけしからプレゼントされたことや名付け親でもあることを明かしていた。仕事や私生活で辛いことがあっても、愛犬のおかげで乗り越えることができたとも語っており、岸本にとって2匹の愛犬は家族同然のかけがえのない存在のようである。

その姫子ちゃんは2018年、前足の指にがんが見つかり、その後の3年間で摘出手術と抗がん治療を4回ずつ受けている。そして今年、首にできた悪性腫瘍の摘出手術を7月13日に控え前日に病院で検査を受けたところ、1か月前にはなかったがんの転移が肺にいくつも確認され、担当獣医から「手の施しようがない」と1か月の余命宣告を受けたことを『岸本加世子 kayokokishimoto Instagram』で明らかにした。半日の間、声をあげて泣き続けたものの、その後「奇跡を起こす勢いで最後まで姫子と共に戦っていこう」(原文ママ)と決意していた

8月9日のインスタグラムでは、「細胞検査の結果が良ければ明日最後の抗がん剤治療に挑戦します」との報告があった。姫子ちゃんは食欲も旺盛で短いお散歩もできており、肺への転移で時々咳が出て苦しそうにしているとのこと。そして1か月の余命宣告から34日が経った16日、5回目の抗がん剤治療を受けたという。姫子ちゃんはよく頑張り、帰宅後はご飯をペロリと完食したそうである。コメント欄には「姫子ちゃん、すごいです。私の方が元気を頂いています」「姫ちゃん、頑張りました。えらいです」「姫ちゃんは大丈夫! まだまだ、姫ちゃんは加世子さんの側にいなくちゃならないの」「まだ目に力がある!! 頑張れ、姫子」と励ましの声が多数届いている。

岸本加世子は「多くの皆様から姫子に暖かな激励のコメントを頂き、お一人お一人に返信は出来ませんが本当に有り難く感謝でいっぱいです。大きな力となりました。本当にありがとうございました」と、この日のインスタグラムで心からの感謝を伝えている。元気に動き回る姫子ちゃんの動画が再び公開されることを願うばかりだ。



画像は『岸本加世子 2021年6月11日付Instagram「姫子が辛い治療を頑張ってくれています。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

当時の記事を読む

岸本加世子のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「岸本加世子」に関する記事

「岸本加世子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「岸本加世子」の記事

次に読みたい「岸本加世子」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク