バーに行ったきり行方不明だった男性 3日後に森の中で発見「死ぬかと思った」(タイ)

今月3日午後11時、タイの森の中で水溜まりに寝そべっている男性が発見された。この男性は3日前の夜に「バーに飲みに行く」と妻に伝えて出かけた後、行方が分からなくなっていた。同時期に、別の地域でも高齢男性が道に迷い3日間行方不明になっていたが、ともに原因はスコールに見舞われたことにより方向感覚を失ってしまったことだったという。『The Mirror』などが伝えた。

オランダのユトレヒト出身で現在はタイのペッチャブリー県に暮らすフランシスクス・ヨハネス・ファン・ロッサムさん(Franciscus Johannes van Rossum、78)は先月31日午後、地元のバーを訪れた。

しばらくすると妻でタイ人のラコット・チャーンウィジットさん(Rachot Chanwijit、61)がなかなか帰ってこないフランシスクスさんに電話をかけたが応答がなく、心配して彼が飲みに行ったバーに向かった。バーの店主にフランシスクスさんについて尋ねると「午後2時から5時までチャーン(タイのビール)をボトルで5本飲んだ後、バイクで店を出た」という返答だった。

そして翌日の9月1日早朝、ラコットさんのもとにフランシスクスさんから電話がかかってきた。フランシスクスさんは帰宅途中にスコールに見舞われたことで道に迷ってしまい、コンタバン(Khong Ta Bang forest)という森の中に入ってしまったが、正確な場所は分からないと話したそうだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク