ハンバーガーに切断された手指が混入 発見した女性客「店は営業を継続」と怒り(ボリビア)

もしお気に入りのレストランで頼んだハンバーガーに、切断された人の手指が丸ごと入っていたら…そんな考えただけでも恐ろしくなるような事件が南米のボリビアで起きてしまった。『The US Sun』『7NEWS』などが伝えている。

ボリビア在住のエステファニー・ベニテスさん(Estefany Benitez)は今月12日夜、サンタ・クルス・デ・ラ・シエラにあるハンバーガーチェーン「ホット・バーガー(Hot Burger)」を友人と訪れ、一生のトラウマになるような経験をした。

ハンバーガーにかじりついたエステファニーさんはその日、柔らかな肉の中にいつもとは違う硬い塊があることに気付いた。何かと思って取り出したところ、それは調理され変色こそしているが、爪の形がはっきりとわかる人間の手指の一部であることが分かったのだ。

あまりのショックにエステファニーさんは、自身のFacebookに「食事中、人間の指にかじりついてしまった」と言葉を添え、食べかけのハンバーガーと千切られたような指の写真、店の責任者とのやりとりを収めた動画を投稿したところ、大きな反響があったという。

『LADbible』によると、苦情の対応をした責任者は店には下準備されたハンバーガーが届けられること、このようなことが起きたのは初めてであることを強調し、エステファニーさんに「何か欲しいものがあれば言ってくれれば用意する」と告げたそうだ。


さらに責任者はその後、「店を閉める」と申し出たのにもかかわらず、何事もなかったかのように営業を続けており、エステファニーさんは「店側の対応には全く納得がいかない」と憤慨している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク