お笑いコンビ・錦鯉の長谷川雅紀(50)が、モデルでタレントの森泉(38)と共演したことをツイッターで報告した。長谷川は周囲から森泉と「顔が似ている」と言われ続けたことから、彼女のものまねをするようになったこともあり、ついに本人と対面できたことに感慨深げだ。

7月に発表された「2021上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)において、昨年と今年の出演番組の増加数を比較した「2021上半期ブレイクタレント」でおいでやすこがマヂカルラブリーニューヨークに次いで第4位に入った錦鯉。2020年上半期出演本数はたったの10本だったが、2021年上半期出演本数は121本と111本も増えたのだ。地方で行われるお笑いライブにも引っ張りだこですっかり人気コンビの仲間入りを果たした。

そんな錦鯉の長谷川雅紀が若い頃から憧れていた芸人コンビが、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)だった。6月15日深夜放送のトークバラエティ『太田上田』(中京テレビ)に出演した時、くりぃむしちゅーの上田晋也(51)にそう伝えたのだが、「何を(自分たちから)学んだらこうなるの?」「俺要素、1ミクロンもないだろ!」と全否定されていた。ただ「森泉さんのものまねをしている」と長谷川が話した時だけ、「怒られるの承知で言うけど、泉ちゃんに似てる」と太鼓判を捺された。上田は『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で長年彼女と共演しており、「普通にしている方が泉ちゃんに似ている」と大げさなポーズを取らない方が良いとアドバイスもしていた。