4日間漂流した母子3人 自らの命を犠牲に母乳で子供を生還させた母親(ベネズエラ)

今月7日、ベネズエラで海上を4日間漂流していた母子3人と乳母が発見された。母親は強い脱水症状ですでに亡くなっていたが、自らの尿を飲み、母乳を与え続けることで子供2人の命を守り抜いたという。『The Independent』『Metro』などが事故の詳細を伝えている。

ベネズエラのミランダ州イゲローテからカリブ海北部のトルトゥーガ島へ向けて進んでいた海洋レジャー用小型船舶“トール号(vessel Thor)”が3日、大きな波を受けて難破した。

小さな救命ボートで脱出したマリエリ・チャコンさん(Mariely Chacón、40)とその息子ホゼ・ダビデ君(Jose David 、6)、娘のマリア・ベアトリス・カンブラー・チャコンちゃん(Maria Beatriz Camblor Chacon 、2)、そして乳母のヴェロニカ・マルティネスさん(Verónica Martinez、25)は4日間の漂流の末、7日に沿岸警備隊によって救出された。この時、マリエリさんはすでに息を引きとっていた。

救出の3~4時間前に亡くなったとみられるマリエリさんは、炎天下の海上でなんとか子供たちに水分を与えようと自らは尿を飲み、子供たちに母乳を与え続けていたそうだ。

そんな母にしがみつくようにして発見された子供たちは、衰弱していたものの母乳で命をつなぎとめていた。また強い日差しを避けるためクーラーボックスに身を隠していた乳母のヴェロニカさんも生還し、3人は強い脱水症状と1度の熱傷などがありすぐに病院へと搬送された。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク