アレック・ボールドウィン、銃誤射について声明「ショックと悲しみを伝える言葉が見つからない」

アレック・ボールドウィンが現地時間21日、主演とプロデュースを務める西部劇映画『Rust』の撮影現場で小道具の銃を誤射し、スタッフ2名が死傷した。これを受けアレックが翌22日に声明を発表、死亡した撮影監督の女性を追悼するとともに、遺族にサポートの意を表した。

アレック・ボールドウィンが現地時間21日、米ニューメキシコ州で映画の撮影中に小道具に使う銃を誤射したとサンタフェ保安官事務所が伝えた。これにより撮影監督のハリーナ・ハッチンスさん(42)が死亡、映画監督のジョエル・ソウザさん(48)が負傷して病院で手当てを受けた。

現地時間22日、アレックは妻ヒラリアさんと設立した財団「ヒラリア&アレック・ボールドウィン・ファウンデーション」のツイッターで声明を発表、「ハリーナ・ハッチンスさんの命を奪った悲劇的な事故について、私のショックと悲しみを伝える言葉が見つかりません。彼女は妻であり母であり、私達が尊敬する同僚でした」と追悼の意を述べた。

そして「この悲劇がどのようにして起こったのかについて、私は捜査に全面的に協力しています」と述べ、「ハリーナさんの夫と連絡を取り、彼と家族へのサポートの意を伝えました。私は彼女の夫と息子さん、そして彼女を愛したすべての人々のために心を痛めています」と綴った。

亡くなったハリーナさんは、夫で弁護士のマシューさんとの間に9歳の息子をもうけている。マシューさんは現地時間22日に英メディア『Daily Mail Online』の取材に応じ「アレック・ボールドウィンさんと話をしました。彼はとても協力的です」と語った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク