アレック・ボールドウィンの誤射 銃担当者は先月、仕事に対する不安を告白

アレック・ボールドウィン(63)が主演とプロデュースを務める映画『Rust(原題)』の撮影現場で銃器の取り扱いを担当した女性が先月、別の映画撮影のオファーを「断ろうと思っていた」と話していたことが明らかになった。アレックは現地時間21日、この女性が用意した銃を誤射したことからスタッフ2名が死傷するという悲劇に見舞われた。

アレック・ボールドウィンが映画『Rust(原題)』の撮影現場で銃を誤射し、撮影監督のハリーナ・ハッチンスさん(42)が死亡、映画監督のジョエル・ソウザさん(48)が負傷した。これを受け、サンタフェ裁判所が現地時間22日に公開した調査記録の内容を『AP通信』が伝えた。

記録によると、アレックが使用した銃は映画の武器担当者ハンナ・グティエレス=リードさん(24)が用意したもので、助監督のデイヴ・ホールさんは実弾が装填されていることを知らず、撮影現場にいるアレックに「安全な銃だ」と言って手渡したと記載されている

ハンナさんは最近、ニコラス・ケイジ主演の西部劇映画『The Old Way(原題)』で初めて武器担当の係長を務めたばかりだった。先月にはポッドキャスト番組『Voices of the West』にゲスト出演しており、撮影を終えたばかりの同映画での経験についてこのように明かしていた。

「最初はとても緊張して、この仕事を断ろうと思っていました。私自身、準備ができているかどうか確かではなかったから。でも実際にやってみると、すごくスムーズにできたんです。」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク