ライアン・ゴズリング、実写版『バービー』の恋人役キャスティングに賛否両論の声

マーゴット・ロビーを主役に、すでに実写化されることが決定している映画『バービー』。同作において一度はオファーを断ったとされる俳優ライアン・ゴズリングが現在、制作側と話し合いの最終段階に入っていることが明らかになった。

ワーナー・ブラザースが米玩具メーカーのマテルとタッグを組み、実写化されることが決定している映画『バービー』。主役はエイミー・シューマーアン・ハサウェイが候補に挙がっていたものの、豪出身女優のマーゴット・ロビーが最終的にバービーの座を射止めたことが2019年1月に発表された

それから2年10か月が経った今月22日、『Deadline Hollywood』の公式Twitterアカウントがバービーの恋人ケン役はカナダ出身俳優のライアン・ゴズリングが務めることに決まったとツイートした。

同メディアや『The Hollywood Reporter』によれば、最初のオファーが来た今夏の段階ではライアン側のスケジュール調整がつかずオファーを断っていたそうだが、映画『バービー』の制作スケジュールの遅延や「ケン役はぜひライアンで」という制作側からの度重なる熱烈オファーなどを経て、現在は前向きに話し合いが進行中だそうで、出演交渉は「最終段階に入っている」という。

映画『ラ・ラ・ランド』(2016年公開)でセバスチャン役を好演したライアンは、甘いマスクと抜群のスタイルでハリウッドを代表する俳優の1人であり、このたびのケン役抜擢のニュースには、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マーゴット・ロビーのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「マーゴット・ロビー」に関する記事

「マーゴット・ロビー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マーゴット・ロビー」の記事

次に読みたい「マーゴット・ロビー」の記事をもっと見る

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク