アレック・ボールドウィンの妻、夫の誤射で死亡した女性監督の家族にSNSでメッセージ

米時間21日、西部劇映画の撮影現場で俳優アレック・ボールドウィンが小道具の銃を誤射、スタッフ2名が死傷した事件についてアレックの妻ヒラリアさんが25日、自身のSNSに今の心境を吐露した。ヒラリアさんは死亡した女性監督への追悼や遺族へのサポートの意を表するとともに、憔悴する夫アレックを気遣った。

西部劇映画『Rust』の撮影現場だったニューメキシコ州サンタフェ市近郊の牧場で、主演とプロデュースを務めるアレック・ボールドウィンが小道具の銃を誤射し、撮影監督のハリーナ・ハッチンスさんが死亡、同作の監督を務めるジョエル・スーザさんが負傷したのは今月21日のこと。助監督から「コールド・ガン(cold gun)」(弾丸の入っていない、安全な銃)だと手渡された小道具をアレックが発砲したところ、実際は実弾が装填されたものだったという現場の杜撰な安全管理が露見した悲劇であった。

アレックは事件翌日に声明を発表、

「私のショックと悲しみは、到底言葉にできるものではありません。」

とハリーナさんへの追悼や遺族へのサポートの意を表した。

そして現地時間25日には、アレックの妻ヒラリアさんが沈黙を破り自身のInstagramを更新、現在の心境を次のように綴った。

「私の心はハリーナさんとともにあります。そして彼女の夫や息子さん、彼らのご家族や大切な人達。」
「そして私のアレック。『言葉にできるものではない』と(アレックが)表現したのは、このような悲劇的な事件によるショックと心痛を表現するのは不可能だからです。」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク