有毒植物に触れて顔が2倍に 後遺症と闘う女性「この危険な植物を公道から撤去すべき」(英)

世の中には毒を持った動物や植物が多数存在する。イギリス在住のある女性は今年7月、犬の散歩中に毒性の植物「ジャイアント・ホグウィード」に触れてしまった。翌朝には顔の腫れとともに多数の水ぶくれができたため病院で治療を受けたが、3か月経った今でも後遺症に悩まされているという。『Manchester Evening News』『Metro』などが伝えている。

英ウォリックシャー州ストラトフォード・アポン・エイボンに暮らすクリスティーナ・サビーンさん(Christina Sabine、26)はある日突然、顔が腫れ上がり、皮膚には多数の水ぶくれができたため病院に駆け込んだ。すると医師からは、有毒な植物「ジャイアント・ホグウィード」に接触した可能性が高いと告げられたという。

クリスティーナさんは当時のことをこう振り返った。

「犬の散歩に出かけた翌日の朝、鏡を見ると顔が腫れ上がり、皮膚にはいくつもの水ぶくれができていました。皮膚が赤く、手には大きなオレンジ色の膿があって、まるで酸攻撃を受けたようになってしまって。全身が痛くて動くこともできず、これは命に関わるかもしれないと思い999番(緊急ダイヤル)に電話するか迷ったほどです。」

「『ジャイアント・ホグウィードのせいだ』と言われても何のことか分かりませんでした。それで調べてみると、犬の散歩でその植物の前を通るのでピンときました。でも毒があるとは知らなかったです。」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク