繰り返されるドア前ギリギリへのコーヒー置き配 注文主は外に出られず「チップが少ないから嫌がらせ?」(米)

デリバリーサービスを利用してカフェのコーヒーを注文した男性に悲劇が起きた。外開きの玄関ドアの前にコーヒーが届けられてしまい、ドアを開けられない事態に陥ってしまったのだ。出入口はこのドアしかなく、男性はコーヒーを犠牲にして外に出るしかないことを迫られた。だがこの状況は何度も起こっているそうで、ネット上からは「チップが少ないからって嫌がらせされているんじゃないの?」という声があがっていると『New York Post』などが伝えた。

米ニュージャージー州在住のアレックス・ブラッドショーさん(Alex Bradshaw)はここ数か月間、フルリモートでの仕事や別で行っている自身のビジネスのために忙しい生活を送っている。

ある日、コーヒーを切らしてしまったアレックスさんは米大手デリバリー会社「DoorDash」を利用して、カフェのコーヒーを自宅に届けてもらうように注文した。

時折このサービスを利用しているアレックスさんはこの日、アイスコーヒーとベーグルを11ドル(約1250円)で購入し、そこに3.5ドル(約400円)のチップを支払ったという。そして無事にアレックスさんの自宅に商品が届けられたが、ここで大問題が発生した。

なんと配達員は外開きの玄関ドアが開くか開かないかギリギリの位置にコーヒーを置いていき、アレックスさんはドアを開けて商品を受け取ることができなくなってしまったのだ。アレックスさんはこの様子をTikTokに投稿しており、ガラスのドアからわずか数センチしか離れていない場所にプラスチック容器に入ったコーヒーと紙袋に入ったベーグルが置かれているのを確認できる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク