エリザベス女王、一晩の入院を経てオンライン公務に復帰

エリザベス女王(95)がウィンザー城でバーチャル対談を行い、およそ1週間ぶりに公務に復帰した。女王は先週、医師の助言により予定していた北アイルランド訪問を突如中止すると発表、のちに入院していたことが明らかになった。

現地時間26日午前、エリザベス女王がウィンザー城からオンライン公務を行った。城内の部屋の椅子に座る女王は黄色いドレスにパールのネックレスをつけ、バッキンガム宮殿を訪問中の韓国大使やスイス大使とオンラインで対面した。

しかし同日午後には、バッキンガム宮殿が声明で「陛下は残念ながら、11月1日に開催される『COP26サミット』のイブニングレセプションに出席するためのグラスゴーへの渡航を断念されました」と発表した。

女王はスコットランドでの休暇を終えて10月に英国に戻って以来、立て続けに公務をこなしてきた。現地時間20日には、医師による「数日間安静にするように」との助言を受け、エリザベス女王が予定していた2日間の北アイルランド訪問を中止したとバッキンガム宮殿が伝えていた

宮殿は翌21日に新たな声明を発表、「女王は予備検査のために水曜日(20日)の午後に病院に行き、本日午後ウィンザー城に戻りました。現在も元気に過ごしています」と病院で一晩過ごしたことを明かした。

女王はウィンザー城からおよそ19マイル(約32キロ)の距離にあるロンドンのキング・エドワード7世病院に車で移動し、専門家の診察を受けた。今回の入院について、新型コロナウイルスとの関連性はないという。当初宮殿は入院の事実を隠していたが、メディアによってリークされた後、声明を発表して事実関係を認めた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク