友人宅でピットブルに襲われた10歳男児が死亡、数日前にも腕を噛む事故(英)

英ウェールズで今月8日、10歳男児が友人宅でピットブルに襲われ死亡した。ピットブルは駆けつけた警察官によって射殺されたが、閑静な住宅街で起きた事故に住民はショックを隠せない様子だ。『WalesOnline』『The Sun』などが伝えている。

闘犬として知られるピットブルによる死亡事故がまた起きてしまった。

英ウェールズ、ケアフィリー郡ペントゥインで8日、学校から帰宅し友人宅で遊んでいた10歳男児がピットブルに襲われた。

地元警察が「子供の悲鳴が聞こえる」と近所の住民から通報を受けたのは午後3時55分で、ピットブルは特別に訓練を受けた拳銃所持警察官に射殺され、男児は救急隊員によってその場で死亡が確認された。


地元の店で働くタルジット・サンデュさん(Tarjit Sandhu、67)は「射殺されたピットブルは事故が起きた家の飼い犬ではないんだ。飼い主に頼まれて数時間預かっていただけ。それに飼い主がピットブルを飼い始めたのはつい最近だったようだよ」と溜息をつくと、このように続けた。

「ピットブルは闘犬だからね。実は数日前、うちの店の前にあのピットブルが繋がれていて。店の客が腰をかがめて撫でようとしたところ、腕を噛まれる事故があったばかりだよ。そりゃ、酷い傷だった。」

「こんな事故が起きるなんて、地域のみんながショックを受けている。全く信じられないね。」

また近所の住民は、「ピットブルが男児を襲ったのは学校から帰宅した直後だったと思う。『犬が脚を噛んでいる』という子供の叫び声が聞こえて、ある住民がピットブルを男児から引き離そうとしたが無駄だった。犬は発狂していたよ」と犬が興奮状態であったことを明かした。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク