映画『アリー/スター誕生』でレディー・ガガと共演し、アカデミー賞授賞式での親密すぎるデュエットパフォーマンスが物議を醸した俳優兼監督のブラッドリー・クーパー。ステージ上での2人の“熱愛”は「実生活でも続いているのでは?」と当時大きな話題をさらったが、あれからおよそ2年、ブラッドリー自らロマンスの真相に言及した。

女優としてレディー・ガガが初主演を務めた『アリー/スター誕生』は、全米で2018年10月に劇場公開された。卓越した歌唱力だけでなく圧倒的な演技力でその存在感を知らしめたレディー・ガガ、翌年のメジャー賞レースでは作品として合計24もの賞にノミネートされるという快挙を達成した。第91回アカデミー賞授賞式では、主題歌「シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた」が最優秀オリジナル・ソング部門でオスカーを獲得、栄えあるオスカーのステージで見せたブラッドリー・クーパーとのライブパフォーマンスは「まるで映画のワンシーンさながら」とその親密すぎる雰囲気が話題を集めた

この日の2人のアツアツぶりはネット上でも大きな話題となり、

「ラブラブ過ぎて見ていられない」
「ブラッドリーとガガは本当に付き合っているでは?」

といったツイートが多数上がったが、連日の報道を受けガガは、

「それは私がアーティストとして上出来だったってことよね。みんな、まんまと騙されたわね!」

とブラッドリーとのロマンスをあるトーク番組で完全に否定したのだった。