麒麟・川島、“容姿イジリ・過酷ロケNG”の風潮でガンバレルーヤをイジった大阪の番組に「まだ捨てたもんじゃない」

かつてお笑い界では当然のように行われてきた芸人への“容姿イジリ”に意義を唱える声が増えてきたり、新型コロナウイルスの流行でロケ自体が中止になったり、ここ数年で芸人を取り巻く環境は急激に変化している。特に女芸人に関しては、ネタも考えトークも上手な芸人たちが人気を集めるなか、これまでの体を張った芸を「時代に合わないのか」と悩む芸人も少なくないという。

21日に放送された『川島明のねごと』(TBSラジオ)では、芸人の陣内智則がゲスト出演した。陣内といえば先日『エンタの神様』(日本テレビ系)で放送された郵便局のネタが「犯罪を誘発している」などと炎上したことが記憶に新しいが、一方の川島明も相方・田村裕の“貧乏ネタ”や“容姿イジリ”が通用しなくなったことを告白。「一昔、10年前とは違うねんな」と時代の変化をしみじみ感じていた。


その風潮に戸惑っているのは中堅芸人だけでなく、売り出し中の芸人も同じようだ。川島は「だからガンバレルーヤがめっちゃ困ってて」と同じ吉本所属のお笑いコンビ・ガンバレルーヤを挙げている。最近ではラランドのサーヤヒコロヒーなどトークが上手い女芸人が目立っているが、とにかく周囲からのイジリに言い返す形で笑いを取ってきたガンバレルーヤは、「そんなん一切やってきてない」。さらにコロナ禍でのロケ中止が相次いだことで「仕事がないんです」と悩んでいたという。

そんななか、彼女たちが「久々に経験した」というのがおよそ1年前に出演した『フットマップ』(関西テレビ)だった。ロケの中で
編集部おすすめ

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ガンバレルーヤ」に関する記事

「ガンバレルーヤ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバレルーヤ」の記事

次に読みたい「ガンバレルーヤ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク