オーブンで調理した七面鳥、それを見つめる生きた七面鳥の動画が物議醸す(米)<動画あり>

毎年11月の第4木曜日はアメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)だ。今年も多くの人が七面鳥の丸焼きを楽しんだようだが、飼育している生きた七面鳥がオーブンに入った七面鳥の丸焼きを目撃する動画がSNS上で物議を醸している。ジョークとして捉える人が多かったが、「ちょっと可哀そう」と非難する声もあがっているようだ。『New York Post』などが伝えた。

サンクスギビングデーは「七面鳥の日」とも呼ばれるほど七面鳥がイベントのメインとなる。伝統的なこの祝い方はアメリカ全土で恒例となっており、多くの人が七面鳥の丸焼きをこの日のディナーとして用意する。

今年のサンクスギビングデーだった今月25日、七面鳥の丸焼きを用意している動画がTikTokに投稿されると賛否両論のコメントが続出した。

投稿したのは「MyPineapple」というユーザーで、自宅のオーブンで七面鳥の丸焼きを調理している時の映像を捉えたものだった。半開きになったオーブンからは、こんがりと焼かれた大きな七面鳥の丸焼きが見えている。そしてその隣には、赤い顔と首を持つ生きた七面鳥が立っていた。

“ビッグ・レッド(Big Red)”と名付けられたこの生きた七面鳥は興味深そうにオーブンの中を覗き込んでいるが、自分と同じ七面鳥が焼かれる様子を見てどんな気持ちになったのだろうか。

撮影者は「どうしたの?」とオーブンの中を覗き込むビッグ・レッドに声をかけ、「大丈夫よ。あなたは彼を知らないんだし」となだめるようなコメントをしていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク