早すぎるクリスマスイルミネーションで10万円超の罰金の危機に 自治会ルールに疑問の声も(米)

クリスマスシーズンに向けて、アメリカの多くの家でイルミネーションの飾り付けが目につき始める時期だ。ところがフロリダ州に住む一家が11月上旬からイルミネーションを飾っていたところ、ルール違反として10万円超えの罰金が科される可能性があると通達を受けてしまった。業者に頼んだため自力で外すことは難しく、家主はそのまま飾り続けていることを『FOX 13 Tampa Bay』などが伝えている。

罰金の通達を受けたのは、米フロリダ州タンパ北西部ウェストチェース在住のマイケル・モッファさん(Michael Moffa)だ。マイケルさんは11月6日、専門業者に依頼して自宅にクリスマス用イルミネーションを設置してもらったという。

マイケルさんは「去年は業者への依頼が遅くなってしまい、イルミネーションを設置することができませんでした。なので今年の分は去年から予約しており、早めに取り付けることにしたのです」と早い時期に設置した経緯を明かした。

屋根を縁取るようにライトで飾られ、自宅前の庭に生えている木や植木にも鮮やかな電飾をたくさん取り付けており、昨年できなかった分の悔しさも込めて華やかな出来栄えとなった。

しかし設置してから2日後の8日、自治会より1通の手紙がマイケルさんのもとに届いた。そこには「早すぎるイルミネーションの設置は自治会ルールに違反している」という内容が書かれていた。

同地域では、イルミネーションを設置できるのは毎年11月の第4木曜日であるサンクスギビングデー(感謝祭)から翌年の1月15日までというルールが設けられている。今年のサンクスギビングデーは11月25日だったため、マイケルさんは約3週間のフライングをしたことになる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク