アイドルグループ・ももいろクローバーZ(百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏高城れに)が、12月31日・大晦日に『第5回 ももいろ歌合戦』を開催する。12月2日には同歌合戦の出陣式がABEMAで生中継され、詳細の一部が発表された。今回初出演となる演歌歌手・五木ひろしも登場し、ももクロとは親子のような仲だと口にした。また出陣式後の囲み取材にももクロが応じ、五木とのコラボに触れた。

今年で5回目となる『ももいろ歌合戦』は“届け!希望の彼方へ”をテーマに、ももクロメンバーの玉井詩織佐々木彩夏が「紅組」に、百田夏菜子高城れにが「白組」に分かれて対決する。それぞれチームの色のTシャツ姿を披露して、早くも勝負に意気込んだ。


俳優で歌手の舘ひろしが2年連続で応援団長として開会宣言をする他、一部のゲストや内容が発表されたが、出陣式にはサプライズゲストとして五木ひろしが登場し、『ももクロ歌合戦』に出演することが明らかに。五木と言えば、大晦日に生放送する『NHK紅白歌合戦』の常連で昨年歴代最長となる50回連続出場を記録していたが、10月17日に自身の公演で今年の紅白歌合戦には出場しない意向を示していた。

出陣式で五木は「ももクロ歌合戦、5回目。5という数字は縁があるみたい」と述べてから「今回オファーをいただいて、僕のフェスにも出てもらったし、そのお返しも含めて私も出演させていただきたい」と話すと、ももクロは「本当にありがとうございます」「すごい嬉しいです」と大喜びだ。これまでの共演を踏まえて「知らない方も大勢いらっしゃると思うんですけど、私とももクロさん達の仲は親子関係でございます」という五木に、ももクロも「芸能界のお父さん」と認め、五木は「若いのに礼儀正しいし、いい子たちなんですよ」と目を細めていた。