トム・ホランド、熱愛の噂続くゼンデイヤと英トーク番組出演 2人の身長差によるエピソード披露

俳優トム・ホランドが、ロマンス説が浮上中の女優ゼンデイヤと一緒に英人気トーク番組に出演した。映画『スパイダーマン』シリーズで共演する2人は、ゼンデイヤの身長が高いことから撮影中に生じたというユニークなエピソードを明かした。

現地時間3日、英BBC放送のトーク番組『ザ・グラハム・ノートン・ショー(The Graham Norton Show)』に、トム・ホランドゼンデイヤが出演し、ホストのグラハム・ノートンとトークを繰り広げた。

映画『スパイダーマン』シリーズで共演する2人は、最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の撮影中に起きたあるエピソードについて語った。

トムは身長173cmで、ゼンデイヤの方が178cmとやや高めだ。そんな2人の身長差が撮影中のスタントで問題になったという。

それはトム演じるスパイダーマンとゼンデイヤ演じるMJが、一緒に空中から橋の上に降り立つシーンだった。

ゼンデイヤはこの場面について「彼はMJをそっと橋の上に置いて、彼女から離れていくはずだったの。でも私達は身長差があって。2人はぴたりとくっついていたから、私の方が先に着地してしまうのね。私の足は、明らかに彼より先に地面に着くことになる」と明かした。

するとトムはカメラに向かって「そうなんだ」と微笑み、この問題を解決するために「ボトムマーク(bottom mark)」という安全策を取っていることを明かし、このように説明した。

「“ボトムマーク”とはスタントの際に行うもので、基本的には膝の皿が砕けないようにすることなんだ。僕はスーパーヒーローだから。クールに見えなくちゃいけないんだよ!」

そしてトムとゼンデイヤが座席から立ち上がり、スタントの実演を始めた。

トムが「彼女が着地して、次に僕がこんな風に着地するんだ。それで足の下から揺れが起こって、彼女が僕をキャッチするんだよ」と語ると2人は肩を組んで立ち、トムが右足で立って左足を上げた。するとその足をゼンデイヤが片手で抱え、着地のポーズを取ったのである。

ゼンデイヤは撮影時を振り返り、「素敵だったわね。トムは、あの時『なんてことだ。感謝するよ』と言ったのよ」と少し嫌味っぽく伝えた。

するとトムは笑い飛ばし、「たまには捕まえられるもの良いもんだね」とジョークで答えていた。



画像は『Spider-Man: No Way Home 2021年11月30日付Instagram「#SpiderManNoWayHome press kicked into gear with @TomHolland2013 and @Zendaya’s attendance at tonight’s #BallondOr Awards ceremony.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク